個人年金保険 ランキング

個人年金保険のランキング・情報サイト

日本では国民年金はありますが、それもどんどんと支給額げ減ってきています。

 

政府は「国民年金が支給されなくなることは無い」と言っていますが、これから先何がどう変わるかわかりません。

 

しかも支給されなくなるとは言っていませんが、減額されることは無いとは一言も言っていないのです。

 

さらに私達が納めている年金は、政府の投資金にも使用されていることから、万が一株価が大幅に下落してしまったら大切な年金が吹き飛んでしまうことだって十分に考えられます。

 

もしものためにも個人年金保険への加入をオススメします。

 

ただ個人年金保険を取り扱っている会社は数多くありますので、下記のランキングから探してみると良いかもしれません。

 

住友生命のたのしみワンダフル

住友生命のたのしみワンダフルは、支払いもしやすく返戻率もとても高い個人年金保険です。

 

保険料は加入時のまま上がることはなく、貯蓄性が高い個人年金保険で、支払った保険料以上の年金を受け取ることが出来ます。

 

また、年金の積み立てが完了してから受け取りを開始するまでの間、5年間?10年間の据置期間を設けると、この据置期間中に受け取れる年金額を増やし、結果、高い貯蓄率による年金を受け取ることができます。

 

「たのしみランク」により、月額保険料が15,000円を超えると返戻率が約0.6%、30,000円を超えると返戻率が約1.2%アップする仕組みになっています。

 

とても人気のある保険なので、まずはお気軽に資料請求を。

 

明治安田生命の年金ひとすじ

明治安田生命の年金ひとすじは、10年間で年金を受け取るタイプの個人年金保険です。

 

年金開始後は10年間確実にお受取りいただけます。途中で10年間の終身年金保険にすることもできます。

 

個人年金保険には保険料払込免除が基本保障に付いていなかったり、または付けられるけど保険料が高くなったりする場合が多いですが、年金ひとすじでは保険料払込免除が付いています。そのため、事故・病気による身体障害になった場合にはその後の保険料ひ必要ありません。

 

また保険料を支払っている間に死亡してしまった場合、死亡給付金が出るようになっています。死亡給付金は、割り増しになることもあります。

 

メリットがたくさんある保険なので、ぜひ気軽にお問い合わせください。

 

太陽生命の保険組曲Best・個人年金保険

太陽生命の保険組曲Best・個人年金保険は、医療保険や定期保険など他の保険と自由に組み合わせられる個人年金保険です。

 

個人年金保険だけでなく、お客様のニーズに合わせて医療保険や生命保険など様々な保険を検討している方にとっては非常に利用しやすいという一面を持っています。

 

一つ一つ別の会社で加入して管理をするのが面倒だという方にはとてもおすすめです。

 

条件を満たしていれば「個人年金保険料税制適格特約」を付加できるので、個人年金保険料控除が受けられます。

 

返戻率は悪くないですが、据置期間を置くことによる返戻率のアップがない点がデメリットとなります。

 

フリーダイヤルの問い合わせセンターを設置しているのでお気軽にご相談ください。

 

ソニー生命の個人年金保険

ソニー生命の個人年金保険は、受取方法は確定年金もしくは保障期間付終身年金で、運用実績によって配当がつけばそのぶん増額されるという、ベーシックな個人年金保険です。

 

保障プランは個別に払込み期間や受取開始年齢など担当者が面談を行い一人ひとりオーダーメイドのプランを提案してくれます。

 

ソニー生命の場合、保険料払込免除がついています。所定の高度障害状態・身体障害の状態になれば、以後の保険料は不要になります。

 

必ず面談が必要なので気軽な加入はできませんが、細かい点でいろいろとサポートしてもらえるというメリットはあります。

 

無料の保険相談を行っているのでぜひ一度ご活用ください。

 

アフラックの個人年金保険

アフラックの個人年金保険は、20歳から45歳の方ならいつでも手軽に始められる月払い保険です。

 

月額支払い保険料は、5,000円から1,000円単位で設定でき手軽に申し込む事ができます。

 

個人年金保険契約後、5年に1回、契約者配当金を受け取ることができます。基本はるん金に上乗せされます。

 

確定年金なので、選択した一定期間(5年間または、10年間)が過ぎたら、一定額の年金を確実に受け取ることが出来ます。
これが掛け捨ての保険などと大きく異なる点で、一定期間が過ぎたら、貯蓄型の安定収入が見込める安心の保険です。

 

アフラックでは、保険のプロに会って直接相談する対面コンサルティングを行っています。

 

個人年金保険でいいのか?

個人年金保険といっても、一概にそれではなくてもいい場合もあったりしますね。

 

個人年金以外の老後へ向けての積立商品も実際にはあります。

 

まず安全に積立をするなら断然定期預金ですね。

 

預ける期間を決めまして銀行に預金するといったもので、原則として満期になるまでは払戻しはできません。

 

普通預金と違いまして、お金を自由に出し入れができないため、その分の金利は高く設定されております。

 

満期前に解約しますと、減額される可能性もあります。

 

預入期間であれば最短は一週間から一ヶ月、最長十年だったりしますね。

 

個人年金保険と比べれば、期間が短くリスクは少ないといえます。

 

比較的今ではネット銀行の方が金利は高めに設定されているようです。

 

またはじめて投資をするのでしたら投資信託も有効かもしれません。

 

投資信託とは多くの人のお金を集約してひとまとめにしまして、運用のプロが投資先決定をして運用し、そこで出た利益について出資額に応じ、配分するというのが投資信託です。

 

投資信託は、投資をしたいが自己のみでは多くの株式や債券を買う位の資金はない、もしくは自分のみではうまく投資できないから運用のプロに任せたいという人に最適な商品です。

 

2014年1月よりNISAも開始されているので、税制面でも優遇が受けられるというメリットはあります。

 

ただし、個人年金保険に比べる、リスクは高めといえます。

 

運用では元本割れをする可能性は十分ありますので、注意しましょう。

 

これらの個人年金保険以外の金融商品も、抱きかかえもあったりしますので、上手に活用すると良いかと思われますね。

 

個人年金保険のデメリット

個人年金保険に加入するというデメリットっていったいどのようなものがあるのでしょうかねえ。

 

まずは将来受取れる年金が決まってしまっている場合ですと、インフレにより今の価格価値と年金受給の将来の価格価値が変動するというリスクがございます。

 

それから、これは銀行もしかりですが、保険会社が万一倒産をしてしまったような場合ですと将来受取ることができるはずだった年金が減額されるというリスクもあります。

 

生命保険契約者保護機構の保険業法に基づいての平成10年からのもので、国内事業を行う全生命保険会社が会員で加入を前提とはしております。

 

そのため保護機構により一定額が保障されるために、まったく支払っている保険料が無駄になるということではございませんが懸念材料ではございます。

 

そのほか個人年金保険には数多様に商品があったりしますので、本当に自分に合っているものなのか、見つけ出すことは実は至難の業だったりすることもございます。

 

そのような個人年金保険の数多くの商品を、適切に選ぶようにするためには、わかりやすい営業マンや保険会社のアドバイスを聞くことは重要だと思います。

 

税理士や公認会計士等の専門家にも相談すると良いと思います。

 

問題なのは、独りよがりで決めてしまったりすることですね。

 

長期の保険となりますので、その期間資金移動は基本出来ません。

 

資金計画もずっと考えたうえで入ることをお勧めいたします。

 

個人年金保険のメリット

個人年金は果たして本当に必要なのでしょうかねえ。

 

今昨今で注目を集めつつある個人年金保険ですが、本当に加入しなければいけない必要があるか疑問を持つ人も大勢いらっしゃると思います。

 

将来の積立ではありますので、必ず加入をしなければいけないといったものではございません。

 

個人年金に関してもメリットやデメリットがあったりしますのでで他の金融商品と比較をして検討してみましょう。

 

個人年金に加入をするメリットとしましては、まず、銀行の普通預金よりも増えるというメリットがございます。

 

銀行の普通預金は現状、利息が付かない状態であるため、銀行にお金を預けておくよりは、個人年金保険の方が老後の資金を貯めるには有利とは考えられております。

 

その次のメリットとしては、銀行預金については、いつでもおろせるからついつい使ってしまうという可能性があるのですが、個人年金は支払いが終わってしまう前に中途で辞めたり、解約してしまったりと元本割れしてしまうというリスクがあったりします。

 

そのため学資保険などと同様で使えなくしておくという効果があったりします。

 

個人年金保険は他の保険と同様で銀行引き落とし若しくはクレジットカードで保険料を支払うようにします。

 

自動的に預金から引き落しなので確実に貯まりますから、貯金をしていくのが苦手な人に向いている商品です。

 

そして、個人年金保険保険料は個人年金保険料控除対象となっております。

 

一定額が所得から控除出来て、一定額の還付を受けられるというメリットがございます。


 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ